豆知識

衣替えのタイミングっていつ?ついでに断捨離もしたい!

朝、夜はだんだん肌寒く感じる季節になってきましたね。
そうなってくるとしなければいけない事が「衣替え」です。

でも、衣替えのタイミングって難しいと思いませんか?

寒く感じて秋物・冬物に入れ替えたのにも関わらず、急に暖かくなる、なんて事よくありますよね。

「結局、衣替えに最適な時期っていつなんだろう?」と疑問に思っている方に、衣替えについていろいろとご紹介していこうと思います。

 

【衣替えのベストな時期とは?】

衣替えのタイミングは、最高気温が目安になってきます。

一般的には9月の中旬から下旬にかけて行うのが良いといわれていますが、もちろん地域によっては涼しくなる時期には違いがあるので、だいたい平均気温が20℃くらいになるまでには衣替えを済ませておくようにすると良いでしょう。

ただ、夏から秋にかけての気候は、お昼と朝夜の寒暖差が激しいという特徴があるので、夏物全てを片付けずにおくのもひとつの手です。
肌寒いと感じた時の為にサッと羽織れる薄手のカーディガンやジャケットなどを用意しておくと良いと思います。

薄手の上着のほか、ストールなどは使い勝手が良く、便利です。

 

春服への衣替え・・・4月後半~5月初めくらいから

夏服への衣替え・・・6月半ば~6月後半くらいから

秋服への衣替え・・・9月後半~10月初めくらいから

冬服への衣替え・・・10月後半~11月初めくらいから

 

※大体の目安はこちらですが、地域によって気温が違うので、その時の外気温を考慮してくださいね。

 

【季節ごとの衣替えで意識するポイント!】

衣替えシーズンといえば、大きく分けて5月~6月の春と、9月~10月の秋の2回ありますよね。
それぞれの衣替えのコツ、注意点などをご説明していきたいと思います。

・春の衣替え

しまっておく対象は冬服になります。

冬服は厚みがあるコートやアウターなどが多いので、ハンガーを使って収納するのがオススメです。
この時に使うハンガーの幅に注目してください。

服の肩幅に合ったサイズ、服の肩に合った厚みを選ぶと良いでしょう。
この時、同じメーカーのもので揃えると見映えもよくなりますし、服の肩先を統一で着て、しまいやすくなります。

手袋、マフラーなどの冬小物は、洗濯ネットなどを使ってまとめて収納しておくと、次のシーズンに見つけやすくなるため、オススメです。

・秋の衣替え

夏物をしまうときに気を付けたいのが、黄ばみの原因となる隠れた汗染みです。
しまう前には必ず、洗濯やクリーニングに出すよう心がけましょう。

【衣替えをきっかけにいるもの、いらないものを見直す】

「まだ着れるかも」と思い、結局着ることがなく何年もタンスの中に眠っている服ってありませんか?
そういう服って「もう着ないだろうな」と心の中ではわかっていても、なかなか捨てられないですよね。

しかし一度そう思ってしまったお洋服たちは、もう今後一切着ることがないと言っても過言ではないでしょう。
勇気を出して、断捨離してしまいましょう。スッキリしますよ!

【衣替えのコツ】

まずこれから「着るもの」「着ないもの」に分けます。
衣替えついでの断捨離です。

一年着ることがなければ、捨て時というのをよく耳にします。
確かに、一年着ることがなければ来年には流行りも変わっていて、尚更着ることもなくなりそうですよね。
一年間袖を通していない服があったら捨てるかリサイクルショップへと持っていくのもひとつの手です。

ここで衣替えの4つのポイントをご紹介いたします!

①色あせ、シミなどの汚れがないか
②毛玉やヨレ、型崩れなどはないか
③サイズが合うか
④これからも着たいと思うか

この4点が大事になってくると思います。
これらの項目で違和感を感じたら、それは手放すことを考えるサインです。
思い切って捨てることも大事です。

【防虫剤・除湿剤について】

防虫剤は収納スペースに合わせて使うことが大事です。
たくさん使えば、効果が高くなるわけではないので、適量を正しく使いましょう。
衣替え時に、使用個数と使い方をしっかり読みましょう。

防虫剤は収納した服の一番上に置くのが正解って知ってましたか?
衣類の間や衣装ケースの底などに置く方がなんとなく効き目がありそうに感じますが、防虫剤の成分は上から下へと広がっていくため、一番上に置くことで一番効果を発揮できるようになっています。

【衣替え時の洗濯・クリーニングについて】

残しておく服に汚れやシミなどがないかチェックしてください。
ずっとタンスの奥で眠っていた服は、湿気のせいでニオイや汚れがついているかもしれません。
汚れやニオイなどがある場合は、しっかり洗濯をしましょう。

クリーニングに出した衣類はビニールカバーを外し、風を通してから収納しましょう。
ちなみにビニールは静電気によってホコリや汚れが付きやすいので、埃よけをしたいときには市販の「不織布のカバー」に付け替えるのもオススメです。

【服を収納するときのポイント】

忙しい時にまとめてやってしまおうと衣替えをすると時間がかかってしまい、次の日に長引いてしまって結局中途半端で終わらせてしまう事になりかねません。
衣替えは思ったよりも時間を使う作業なので、休日の朝から行うのがオススメです。

そして天気の良い日に行うことで、洗濯した衣類も乾きやすく、気分も良いですよね。
雨の日や湿気が多い日に服を収納してしまうと、大切な服にカビが発生してしまうかもしれません。

収納するタンスやケースなども掃除し、しっかりと乾燥させてから衣替えを行っていきましょう。

【断捨離をしてスッキリしよう!】

よく耳にする「断捨離」

断捨離と聞くと、不要なものを捨てまくる!という意味合いが強すぎて、自分には向いていないかもなんて思ってしまうかもしれませんね。

しかし、本当の断捨離の意味を知っていますか?

断・・・入ってくる不要なものを絶つ

捨・・・不要なものを捨てる

離・・・物への執着から離れる

という意味合いがあり、物が増えてきたから捨てる、ではなく自分にとって「本当に必要なもの」を見つめなおそうとするのが断捨離なのです。

断捨離ってなんだか難しそう…と思う方は多いと思います。
私も元々思入れのあるものなどはなかなか捨てられない傾向にあるので、断捨離には踏み出しにくいですが、これでも過去に断捨離をした経験があります(笑)

その時の経験を元にいくつかの断捨離のポイントをご紹介いたします!

まずは全体を把握するために、とりあえず全部出す!

いらないものと、いるものを自分で把握するためにとりあえず全部出してしまいましょう。
これは経験談ですが、あの服どこに消えたんだろう…という服も意外と収納ケースの奥底に眠っていたり、意外な場所から出てきたりします(笑)

出したものを仕分ける!

私は「使っているもの」「今後使わないと思われるもの」「使わないけど思い出があるもの」といったように分けていきました。
(どうしてもどれにも当てはまらないというものが出てきた場合は「どちらでもないもの」としてとりあえず分けておきます)

「今後使わないと思われるもの」を「ガラクタ」と捉え、スパッと捨てる。

それによってできた空間をどう使うか、次のステップの「しまう」につなげていきます。

必要だと決めたモノのための収納スペースを確保し、種類別にしまっていく!

自分の使いやすいように、よく使うものはクリアケースなどの見える場所、机の引き出しなど出しやすい場所にしまうことをオススメします。

今は100円ショップなどでもオシャレな収納ケースが販売しているので、衣替えや断捨離も楽しくなってきますね!

 

衣替えをキッカケに、「必要なもの」「必要ではないもの」を自分自身で認識して、すっきりした気持ちで新しい季節を過ごせると気持ち良いですよね♪

まだまだ暑い日や寒い日など、毎日の寒暖差が激しいので衣替えに踏み出せないという方は多いと思いますが、この記事が皆さんの衣替えの手助けになればと思います!